top of page

代表理事、5度目の脳梗塞になる ー脳梗塞になった夜のこと①ー

 2023年の夏は、全国的に記録的な猛暑となり、北海道も本州と変わらない暑さとなりました。


 北海道は冷房エアコンのない家庭が珍しくありません。真夏のどんなに暑い日でも、夕方になると一気に気温が下がるからです。朝晩は窓を開けていると寒いくらいです。

 ところが、2023年の夏は例年とは違いました。日中の暑さは夜になっても残り、熱帯夜の日が続きました。

 北海道の家は、冬の寒さ対策のため、極めて断熱性の高い構造となっています。つまり、外の気温にあまり左右されず室内の温度は、夏に涼しく冬は暖かい。裏を返せば、猛暑の夏は、断熱効果の高い室内は暖まるばかり、まるでサウナのようになります。 

 7月、8月と、帯広は記録的な猛暑が続き、扇風機しかない我が家はサウナのように熱く暖まりました。

 私はサウナルームになった寝室で満足に眠ることもできず、苦しくなって(恐らく熱中症)朝を迎える、という日々が続きました。


9月になり、ようやく北海道の異常な夏は終わり、涼しくなりましたが、心身ともに記録的な猛暑で疲労困憊。


9月21日深夜、突然カタストロフィはやってきました。



9月20日、脳梗塞になる前日、ドトールコーヒーでパソコン仕事

閲覧数:57回0件のコメント

Comments


bottom of page